金策について過去に何度か記事にしてはいるものの、これを売るんだ!っていう感じでその時にしか売れないものを書いてることが多いな……と読み返してみて思いました
読み返したきっかけ自体は「何故か金策記事が誰かに読まれてる」→「Googleから……?え、検索してあのページヒットするの!?」というところからです。ありがたいことですね。驚きのが多いですけど

過去の記事に関して、思う事がないこともないので一旦非公開にし、今回書き直しておこうと思いました

で、書いてたんですけどすげーー長くなったので一旦分けていこうと思います
今回は戦闘ジョブ編です
※注意書き※
・5.45時点での記事です。それを念頭に置いて読んでください
・Gaia/tiamat在住の1ヒカセンが書いた記事です。サーバーによる差や個人の体感による差がある可能性があります。なので網羅は出来ていないと思います。他にもこういうのあるよ!とかそういうのもあると思います
・多分目新しいことは書いてないです。そもそもメモとかそういう類です
・戦闘に関してはそこまでがっつり詳しいわけではないので抜けているところ、おかしいところがあるかもしれません
・一部略語(マーケットボード→マケボ)を使用します


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■


戦闘ジョブのみで出来る事は
・IDやレイド等で手に入るアイテム
・革等の敵からドロップするアイテム
・モブハンでのマテリア
・詩学等の各種トームストーンでのアイテム交換
・軍票でのアイテム交換
の入手です。案外多いな……
地図関連は後日




◇ダンジョン等のコンテンツ

ID、レイド、DD、エウレカやボズヤ等で手に入る譜面やミニオン、その他あれやこれやがあります
あれやこれやってなんでそんな雑なの?って話なんですけど、素材や髪型、マウントまで手に入るのでアイテムに幅がかなり広いんですよね

・利点
アイテム、コンテンツ、そのどちらもが複数あるので自分に合ったものを見つけやすいです
レイドで譜面周回するのは疲れるけどエウレカで1人細々と狩りをするのは得意!や
DDをソロで回るのは虚無るから無理だけどIDを野良身内問わず回るのは苦じゃない!等
かなり融通が利きます
手に入る譜面や髪型等も高価な物が多く、物によってはそれなりに取引もされています

・難点
入手難易度が高いものが多いです
そもそもの出現率が低い、出てもロット勝負になる、目的のアイテムを手に入れるための挑戦権を得るまでが遠い等理由は様々です

◇敵からのアイテム

革や肉、その他いろんな素材がドロップします
革細工とはズッ友、調理や錬金とはいい友人な関係です
漆黒ではFATEで手に入るバイカラージェムでも交換出来るのでより手軽に集めやすくなりました
戦闘リテイナーが既定のレベルとILに達していれば同じように取りに行かせることも出来ます

・利点
フィールドにいる敵を殴っていれば勝手に手持ちに素材が入ってきますしドロップ率も悪くありません
30分くらい動画でも見ながら殴ってるだけでまぁまぁな数になってる事も多いので気軽に手軽に集めることが出来ます

・難点
種類が多く、クラフターの知識がないとどのアイテムがどこで使われているか分かりにくく、集めるアイテムを絞りにくいです
フレンドにクラフターをしている方がいる場合はこの時期どういった素材が欲されているか聞くと幸せになれるかもしれません
クラフターをしているようなフレンドが周りにいない!という場合は「粗皮」等で検索すると参考になると思います

◇モブハンでのマテリア

モブハンを一度でもしたことがあるならわかると思いますが、A以上のリスキーモブを一定以上の評価で倒すと戦闘系マテリアと交換出来るクリスタル/クラスターが手に入ります
そのアイテムをマテリア師に渡すと好きなマテリアと交換することができます

・利点
マテリア自体が安定した需要があるので時期によって多少金額に振れ幅はあれど売れるものであることが多いです。勿論マテリアの種類にもよります
サーバーによってはAモブツアーなるものもやっており、時間とサーバーさえ分かっていれば気軽に参加出来るのも強みです

・難点
マテリアという都合上、自分でも使用するため運が悪いと売り物には足りない場合が出てきます
ツアー1周で手に入る個数がそこまで多いわけではないので通い詰める、というほどでなくともある程度通うことが前提になると思います

◇トームストーンでのアイテム

常に手に入る詩学、週制限のないもの、週制限のあるものの3種類が実装しています
週制限があるものは基本的にその時の最新装備に関与してるもので取引可能なものはまず出ないので今回は除外、詩学と週制限のないものの2つの話になります

詩学は素材や戦闘用ハイマテリジャ、譜面等と交換が可能です
・利点
Lv50以上でID等に行っていれば意識せずとも気付いたらカンストしてるくらいには貯まります

・難点
交換出来る末端素材自体そこまで価格が高かったり取引頻度が高かったりするわけではないです
交換出来るマテリアも現段階ではハイマテリジャなのでマテリア合成に使うかそのまま売るかになると思いますがどちらにせよ詩学を800使うので量産は厳しいものがあります
主観にはなりますが、詩学装備を交換して軍票として運用した方が都合がいいことが多かったりします

週制限のないトームストーンは新式素材や所謂薬と呼ばれているアイテム(今で言う幻薬)の素材と交換出来ます
・利点
Lv80のジョブでレベルレや討滅だけでなくLv80討滅でマウント周回、レイドの譜面やミニオンの為に周回等してるといつの間にか貯まっています
素材の使用用途が使用用途なのでそこそこの価格で高頻度で売れることが多いです

・難点
競売相手が非常に多いです
場合によっては昨日まで単価1500ギルだったのに皆単価を下げて下げて……を繰り返しなんと翌日700ギル!なんてことがない、とは言い切れません

◇軍票でのアイテム

IDで手に入った装備、レイドで手に入った交換アイテムと交換した装備を各グランドカンパニーに納品して手に入れる専用通貨です
交換出来るものは階級によって変わりますが、今回は全てのアイテムを交換出来る前提で話を進めます
一応ギャザクラで指定されたアイテムを納品すれば1日1回経験値と一緒に軍票を貰えますが今回は装備での軍票集めを前提にします

・利点
ダンジョンに行って手に入った装備を納品しておけば貯まるので集める事自体はかなり楽な部類になります
ILが高ければ高いほど納品した時に貰える軍票も増えますがそこまで大きく増減するわけでもないので70ID辺りをソロで1~2周して全納品するだけでも結構稼げると思います
交換先もコークスや珪化木等、潜水艦製作の素材だったりリテイナーを動かすためのベンチャースクリップだったりと用途や相場に合わせて交換しやすいのも強みです

・難点
頻繁に多くのリテイナーを回していてそこまでIDに頻繁には行かないという方はベンチャースクリップの交換で手一杯になりやすいです
分解上げを目的に装備を分解している場合、こちらに流す数が必然的に減るのでそれもまた両立がむずかしくなりやすいです
交換出来るものが多く、需要がわかりにくいものもあるのでクラフターや潜水艦の知識が全くない状態だと少し難しいかもしれません


◇余談と後書き

戦闘のみの場合に限らずではありますが素材関連を売るときにクラフターの知識があるのとないので雲泥の差があるのでクラフターに関する知識がある、知識があるフレンドが近くにいるのは強みになりやすいです
もしくはTwitter等で「今回はこんな素材を使うよ!」とまとめてツイートしてくださる方もいるのでそういった方のツイートを探してみるといいと思います

総括(?)やギャザクラに関してはまた後日書けるときにのんびり書こうと思います
他に思いついたりしたらちまちま追記するかもしれないし別記事にするかもしれない……(不確か)